脳梗塞の予防検査でリスクが高いと判ったら

3月6日投稿の
より精密に脳梗塞の予防検査をした結果・・・
もし・・・けい動脈の動脈硬化が進行していることが判明したら?

今は、昔では考えられなかった方法が普及しています。

とりあえずは、薬による治療が行われると思います。

しかし、薬だけでは
動脈硬化が進行してしまう場合には、
手術によって対処する方法が普及しているそうです。
(自分なら手術の前、薬による治療の時点から栄養療法と運動療法も併用します)

NHKの番組中では、動脈硬化によって
血管壁が厚くなり、血流が細くなってしまった
けい動脈に対して行われる「頸動脈ステント術」を紹介していました。

ステントという
網状の金属の筒を血管の内側に入れることで血管を太く、
これ以上細くしないようにして血流を確保するのです。
(細くなった食道や心臓の血管にする方法と同じです)

身体の切開は行わず、
脚の付け根から頸動脈まで血管の中を通して手術を行います。
局所麻酔で行われるため、患者さんへの身体の負担も少ないのが特徴です。

いくら負担が少ないと言っても、
手術に必ずリスクが伴うのはあなたもご存知のとおりです。

手術など、しなくても良いように
日頃から
・適度な運動、
・十分な休息
・バランスのとれた十分な栄養
を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)