鼻炎と花粉症克服レポート

 私のカミさんの鼻炎と花粉症の体験談です。

 花粉症の症状はひどい・・・の一言につきます。

 毎年、2月の20日ころから始まり、5月のゴールデンウイークが過ぎた後でも、
山間部へドライブに行って山の緑を見ると花粉症がぶり返す・・・という状況でした。

 本人は「目はえぐって塩水で洗いたい!鼻は切り落としたい!」と言っていました。

 この期間は、目はぐちゅぐちゅで真っ赤、
鼻水は本人が知らない間に「ツー」と垂れ、
いつも小鼻はティッシュで鼻をかむために皮がズル剥け、
顔に塗ったファンデーションなんて、
まだら模様を描くために塗ったのか・・・というありさまでした。

 もちろん、夜はろくに眠れません。
 両方の鼻の穴がつまり、
口で息をしているので、口と喉が乾いて目が覚めます。

 慢性的な睡眠不足が続いて、ひどい頭痛を起こします。
 そして、常にイライラしている・・・といった具合です。

 普通は、店の手伝いの一環としてかかってきた電話の応対をしてくれるのですが、
花粉症の期間は一切、出てくれません。
 (以前に取引先の事務員さんに鼻声を笑われたのがトラウマになっていました)
——————————————————————————–
 ある日、知人のお見舞いに行った先の病院で
最新の花粉症治療のポスターを見つけ、やってみたいと帰って来ました。

 関市内では、一番大きな病院で設備も整っています。
 どうしても、やってみたい・・・と、早速申し込みをしました。
 
 治療は・・・鼻や喉などの粘膜を薬品で焼く・・・という施術でした。

 驚いたことに、治療を受けた三日後の夜、カミさん宛てに病院から電話が入りました。
 施術をした先生が「どうですか?」と経過を尋ねたのです。
 普通だったら有りえませんよネ。
 なんと、カミさんは関市内で初めて最新の花粉症施術を受けた第一号だったのです!

 経過ですか?
 痛い目をしただけでした。

 粘膜を焼いた2~3日は症状が収まったかにみえましたが、
 焼けた粘膜が修復されると以前と全く同様!

 いちシーズンも持ち応えができませんでした。

——————————————————————————–
 私の頭髪が増えたので、
今まで飲んでいたサプリメントから、
養毛剤と同じメーカーのサプリメントに家族中が変えました。

 時期は10月ころから。

 すると、なんと!
 毎年、2月から始まるカミさんの花粉症が出ない!

 3月に入ると、さすがに症状が出てきましたが、
睡眠中に鼻が詰まりはするものの、下にした片方の穴だけですんでいる。

 当たり前ですが、睡眠もとれるわけです。
 目や鼻水も前シーズンより、ずっと楽だったようです。

 わずか、4ヶ月で体質が変化し始めたのです。

——————————————————————————–
 サプリメントは飲み続け、次のシーズンに入りました。
 全く、花粉症の症状は気になりません。

 この時、カミさんの知人や友人が
「どうしたの?何かやったの?」と聞いてくれたのです。

 当然、カミさんは喜んで、
使ったサプリメントのおかげでこうこう・・・と話しました。

 中には、すぐに私たち同様にサプリメントを摂ってくれる人も現れました。

 でも、カミさんは未だ内心は心配だったようです。
 今シーズンはたまたま、良かったのかもしれない。
 来シーズン、もし、自分の症状が悪化したら、私はウソつきになってしまう・・・と。

 
 大丈夫でした!
 次のシーズンは
とりわけ花粉の飛散量が多いと言われた年でしたが、全く問題なしでした。

 そればかりか、昨シーズンからサプリメントを摂り始めた人達も
カミさんと同じようにみごとに改善されているのです!

 その、人達も大変に喜んでくれ、また、次の人を紹介してくれています。

 今では、家のカミさんは
「春って、こんなに良い季節だったのネ」とのたまわっています。

 春って、本当に良い季節なんです!
 花粉症が解消すれば・・・楽しい事がたくさん有る時期!
 当然、新しい人との出会いもネ・・・。

 全てのアレルギーは対処療法では治りません!
 体質改善をする事です!
 体質改善は薬ではできません!
 副作用の無い食品やサプリメントの最も得意とするところが体質改善です!

 カミさんの体験を聞いて喘息、
アトピー性皮膚炎など、様々なアレルギーの方々が改善されています。
 もし、お知り合いでお困りの方がみえたら、これらの情報を知らせて上げて下さい。

 薬でも病院でも解決の困難な事が可能になります!

 ★トップページへ戻る