店長の栄養補助としての健康食品の捉え方

こだわり堂本舗、店長の
栄養補助としての健康食品の捉え方を書いてみます。

今までに
がんをはじめとする
通常療法だけでは治らない生活習慣病を
数多く改善してきましたが、
すべてが栄養補助食品(サプリメント)のおかげ
というわけではないとお断りをしておきます。

私は現代医学を否定するわけではありません。

・・・が、現代医学の全てを肯定してもいません。
まだまだ、欠損している部分がありますし、やらない方が良い部分もあると思っています。
欠損している部分・・・それが栄養学の分野です。

私はいつも、全ては病に犯されている人のために・・・と考えています。

言い換えれば、科学的に根拠があって信頼できるなら、
そしてそれが、病で苦しんでいる人のためになるならば、
なんであっても全てOK!なのです。

水でも、電気でも、運動でも、休息でも、いわしの頭でも・・・

スミナセン!
時間が無くなりました。
続きは2~3日の間に追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)