健康茶 秘宝の関連記事

ほうじ茶・健康茶秘宝に含まれる薬用植物

投稿日:

ほうじ茶(ほうじちゃ・ 焙じ茶)は、日本の緑茶の一種です。
茶葉を焙(ほう)じて飲用するものを指します。

一般には、煎茶や番茶、茎茶を炒った(焙<ほう>じた)お茶。
いわゆる焙煎(ばいせん)をしたもので、独特の香ばしさがあります。
苦みや渋みはほとんどなく、口当たりがあっさりしています。
ほうじ茶を飲む風習は、地方によってかなり相違があるようです。

ほうじ茶を使用した、香ばしい健康茶秘宝はここからお求めいただけます。

上質な葉を選りすぐった高価なものもありますが、格は玉露や煎茶より下位とされています。
一般に番茶や玄米茶などと同位に位置づけられ、日本茶として高級な部類のものではないとされています。
しかし、ほうじ茶飲用の習慣が深く根付いている京都では、
上質なほうじ茶が料亭の改まった席で供されることも珍しいことではなくなっています。

製法は、葉が赤茶色に変わるまで強火で焙じて作ります。
日本茶業中央会の定める緑茶の表示基準では
「ほうじ茶とは、煎茶や番茶などを強い火で焙って製造したもの」と定義されており、緑茶の1分類です。
現在の製法は1920年代に京都において確立されたといわれています。

製茶業者は専用の大がかりな焙煎器を使用します。
家庭で茶葉を焙じるには、一般的に焙烙(ほうろく)という磁器が用いられます。
焙烙は、ほうらく、あるいは焙じ器と呼ばれることもある。

煎茶道では高級な煎茶を焙烙という器具に懐紙を貼って煎る、ほうじ茶の点前もあります。

出典は"Wikipedia" より

ほうじ茶を使用した、香ばしい健康茶秘宝はここからお求めいただけます。

-健康茶 秘宝の関連記事

Copyright© 健康茶秘宝の格安販売&にんにく卵黄無料サンプル進呈/こだわり堂本舗 , 2018 AllRights Reserved.