健康茶 秘宝の関連記事

ハトムギ(はと麦・ハト麦)・健康茶秘宝に含まれる薬用植物

投稿日:

ハトムギ(鳩麦)はイネ科ジュズダマ属の穀物です。
ジュズダマとは同種で、栽培用の変種です。
ハトムギ粒のデンプンは糯性で、ジュズダマは粳性です。

原産地は中国南部からインドシナ半島にかけてとされています。
分類上、トウモロコシに近い植物です。
生育期間は160日前後で、そのうち登熟に30日程度かかります。
花期は8~10月、9月~10月に果実を採取し、果皮と種皮を取り除いて日干します。

日本への伝播には諸説あり、奈良時代とも江戸時代とも言われています。
享保年間には薬用として栽培されていました。

牧野富太郎によると、日本へは中国から伝播したとされますが、
形態的、生態的に朝鮮半島原産のはと麦に類似しています。
DNA分析によると日本と韓国在来品種の違いはほとんどなく、
朝鮮半島を経由して伝播したと考えられます。

C4植物ですが、耐湿性があり、
1981年水田利用再編対策の特定作物として認められた事をきっかけとして、
水田転作作物として栽培されています。

安定的な品質と収量を確保するためには、
水はけが悪かったり、潅水できないため土が乾燥する条件は適しません。
10a当たり収量は200Kg~300Kgといわれています。

各地で系統の比較検討が行われ、
「岡山在来」と名付けられた系統が最初に全国的に栽培されました。
主な産地は、岩手県奥州市衣川区・花巻市、
栃木県鹿沼市・小山市・茂木町、広島県三原市、福岡県久留米市、青森県中泊町、富山県氷見市などです。

漢方や民間療法では、皮を剥いた種子を「よくいにん」と呼んで薬用に用いられます。
効果はいぼ取りの他、利尿作用、抗腫瘍作用などがあるとされます。
漢方ではよくいにん湯などに使われる。

ハトムギを使用した、おいしい健康茶秘宝はここからお求めいただけます。

また、ハトムギ茶やシリアル食品にも利用されます。
ハトムギエキスは皮膚に塗布すると、
保湿作用、美白作用があることが知られていて、基礎化粧品に多く用いられています。

妊娠中はハトムギを含む飲料や食品の摂取は避けるのが望ましいとされています。

出典はWikipediaより。

ハトムギを使用した、おいしい健康茶秘宝はここからお求めいただけます。

-健康茶 秘宝の関連記事

Copyright© 健康茶秘宝の格安販売&にんにく卵黄無料サンプル進呈/こだわり堂本舗 , 2018 AllRights Reserved.