にんにく卵黄

にんにく卵黄で糖尿病の予防と進行の抑制

投稿日:

糖尿病なんて自分には関係ないと考えている方も多いと思いますが、「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性を否定できない人」を合わせると全国で約2,050万人もの「糖尿病予備軍」の方がおみえになります。

糖尿病は一度こじれてしまうと治りません。そして、糖尿病が起因する様々な合併症が、人生の生活の質を著しく低下させてしまう恐ろしい病です。また、糖尿病患者さんは、糖尿病でない人に比べてがんになる確率も2倍と言われています。糖尿病は完治困難ですが「糖尿病予備軍」ならまだ間に合います。糖尿病に関する正確な知識を持って、生活習慣を見直しましょう。

あなたもご存知のように、糖尿病はバランスの悪い食生活や運動不足、肥満といった生活習慣に原因があり、ストレスも糖尿病の大きな原因のひとつになると言われています。これらの原因が食後に膵臓から分泌されるインスリンホルモンが不足したり、インスリンホルモンが十分に働かなくなった結果、本来であればエネルギー源となって消耗されたり肝臓にグリコーゲンに変換されてエネルギー源としてストックされるはずのブドウ糖が、利用されないまま血液中に多く滞るようになります。

この状態が糖尿病による「高血糖」の状態で糖が血管をはじめ全身をむしばんでいきます。この状態が長く続くとブドウ糖は行き場をなくし、尿中にも糖が排泄されるようになります。これが「糖尿病」のゆえんですね。

にんにく卵黄で糖尿病の予防と進行の抑制

そんな糖尿病を予防し、進行を抑制すると注目されている健康食品が、いま人気を集めているにんにく卵黄です。では、なぜにんにく卵黄が、糖尿病の予防と糖尿病の進行を抑制してくれるのでしょうか?

アメリカでは、糖尿病患者が最も多く摂取する食品としてニンニクが挙げられています。糖尿病の予防と改善に効果を発揮する成分がニンニクには豊富に含まれているからです。

まずは、にんにく卵黄のニンニクについて説明しましょう。ニンニクには、アリシンという成分が含まれています。このアリシンは、卵黄に含まれるビタミンB1と結合することで、アリチアミンという成分に変わります。さらにアリチアミンはビタミンB6と結合して、すい臓の細胞を活性化し、インシュリンの分泌を促進します。また、糖尿病の合併症である神経障害の予防にも有効です。

また、卵黄に含まれるレシチンには栄養の吸収をスムーズにしてくれる働きがあるため、細胞が活性化して、インシュリンの分泌が正常になると言われています。ですから、ニンニクと卵黄が一緒になることで、さらなる「糖尿病の予防・悪化防止効果」が高まることが期待できるのです。

糖尿病を患っている方が、まず心がけることは「バランスのいい食生活」「適度な運動」「ストレスの軽減」です。
しかし、仕事や家事、育児などが忙しくて、なかなか実行するのは難しいですよね。まして、」「ストレスの軽減」なんて、どうすれば・・・。

そんなときは、糖尿病の予防、糖尿病の進行の抑制が期待できるにんにく卵黄の力を借りてみるのはいかがでしょうか?にんにく卵黄ならさっと飲むだけ。料理に混ぜて調味量として使える「粉体」なら食事と一緒に食べるだけです。気軽に使えれにんにく卵黄でより元気で充実した人生を送りましょう!

伝承にんにく卵黄の無料サンプルは、こちらからどうぞ・・・

-にんにく卵黄
-, , ,

Copyright© 健康茶秘宝の格安販売&にんにく卵黄無料サンプル進呈/こだわり堂本舗 , 2018 AllRights Reserved.