健康茶 秘宝の関連記事

アザミ(薊)・健康茶秘宝に含まれる薬用植物

投稿日:

アザミ(薊)

健康茶 秘宝の成分のひとつ、アザミ(薊)は、キク科アザミ属に類する植物の総称です。標準和名を単にアザミとする種はありません。

アザミ(薊)の葉は深い切れ込みがあるものが多く、葉や総苞にトゲが多いので、さわるととても痛い種類が多いです。花からは雄蘂や雌蘂が棒状に突き出し、これも針山のような景色です。花の色は赤紫色や紫色。種子には長い冠毛があります。別名は刺草とも言い、名前の由来はアザム〈傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、花を折ろうとするとトゲに刺されて驚くからという説があります。アザミ(薊)は草原や乾燥地、海岸などに出るが、森林内にはあまり出現しません。

アザミ(薊)は青森県津軽地方や青森市、東北町を中心とする東北地方や長野県の一部では、春先にアザミの若芽がスーパーマーケットで食用として販売され、主に味噌汁の具として使われます。新芽や根は、天ぷらなどにして山菜として食べられます。「山ごぼう」や「菊ごぼう」などといわれることもあり、味噌漬けなどの加工品として山間部の観光地や温泉地などで販売される「山ごぼう」は多くの場合、栽培されたモリアザミの根です。

有毒植物との区別と注意

学術上の種名、ヤマゴボウとヨウシュヤマゴボウはいずれもキク科ではなく、モリアザミなどのアザミとは類縁関係の遠いヤマゴボウ科であり、薬用にはなるが、食用になるどころか有毒植物であり、混同して誤食しないように注意を要します。

アザミ(薊)の効果・効能

・健胃
・利尿作用
・神経痛
・止血
・湿疹
・かぶれ

その他、アザミには体内に溜まった毒物を排出させるデトックス効果があります。
ドイツをはじめヨーロッパ各国、また中国や韓国などではマリアザミから抽出したエキスが肝臓の損傷を予防し、肝細胞と肝臓組織を再生してくれるというサプリメントなどがあります。

基本的にアザミ(薊)には副作用はありません。ただし肝臓病の投薬治療で「CYP2D6」という肝臓で薬物代謝酵素を作り出す遺伝子に作用する薬やメトロニダゾールという薬を使用している場合は、薬の作用に影響する場合がありますので注意しましょう。

アザミ(薊)など全29種類の薬用植物を使用した健康茶 秘宝のお求めは、こちらからどうぞ

出典:主にWikipedia

-健康茶 秘宝の関連記事
-

Copyright© 健康茶秘宝の格安販売&にんにく卵黄無料サンプル進呈/こだわり堂本舗 , 2018 AllRights Reserved.